若はげ

若はげ改善!本当に効く育毛剤はコレ

MENU

「薬用シャンプーなら生える」という幻想

薄毛になるとほとんどの人は、まずは薬用シャンプーを使う、といってよいでしょう。
医師の処方せんもいらず、育毛剤ほど高価ではなく、近所のドラッグストアやネット通販で気軽に購入できることから、「薄くなったら、なにはともあれ薬用シャンプーだ」と大きな期待をかける人は多いと思います。
ですがそういったシャンプーの種類は、実にバラエティに富んでいます。
実際ネットで、「育毛シャンプー」といったキーワードで検索をかけると、それこそ山のような件数の育毛シャンプーのメーカーや通販のウェブサイトがヒットします。
当サイトも含めてですが(笑)
いったいどれが一番効果の高いシャンプーなのか、判断に迷わずにはいられません。
競合も多いだけあって、各社の宣伝文句も練りに練った文体でつづられており、それを読んだだけでもう髪が生えてくるかのような錯覚にとらわれてしまうものです。数種類をまとめて購入し、日替わりで使えば、効果も数倍になるのではと意気込む人もいるでしょう。
しかし、当然のように、中には「うたい文句だけは立派」というシャンプーも存在するので注意が必要です。
タレントを起用してマスメディアで大々的に宣伝している有名なものでも、「本当に毛が生えてくる」か否かは別問題。
「あの人に効果のあった育毛剤が自分にも効く」という事が100%あるという事はない、という事を頭に入れておきましょう。

メディアや広告に対するリテラシーを高める

多くのシャンプーの機能はあくまでも、毛髪や頭皮にダメーージを与えずに汚れや皮脂を取り除くだけです。
もし本気で髪を生やしたければ、その薬用シャンプーで頭皮をしっかりと洗浄した上で、同じメーカーが開発・販売する育毛剤を使う必要があります(と、各メーカーは宣伝している)。
繰り返すが、どのメーカーも、シャンプー自体に「発毛・育毛効果がある」などとは、まったく明言していません。
一方で、「いろいろな薬用シャンプーを試してきたけど、さっぱり髪が生えてこない」と嘆く消費者がゴマンといます。
メーカーにクレームする人もいるかもしれません。
しかし、そもそも髪を生やすためのシャンプーではないのだから、そういったクレーム自体がナンセンスであり、逆に百戦錬磨のカスタマーセンターのスタッフに「弊社の育毛剤もセットでお使いいただくことをおすすめします」と営業攻勢をかけられるのがオチ。
こうしたねじれ現象とでもよぶべき事態が生じるのは、ユーザー側に、テレビCMやウェブサイトで刷り込まれたシャンプーヘの信仰が根強いからでしょう。
しかし、悲しいかなこれは幻想なのです。シャンプーは、毛髪と頭皮の洗浄剤以上のものではなく、リンスはシャンプーで痛めた髪をコーティングする化学物質を含んだ溶液以上のものではありません。
また、仮にシャンプーやリンスに育毛成分が含有されていたとしても、これが髪の生産拠点である毛母細胞まで浸透し効き目を表すとは考えにくいです。
成分の大半は頭皮直下の角質層にすら届くことなく洗い落とされるだけです。
こういった事実は、別に専門家だけが知る秘密情報というほどでもないのですが、消費者の多くが企業から絶え間なく送られてくる広告メッセージに目をくらまされてしまっているのも事実です。
今使用している薬用シャンプーになにがしかの手ごたえを感じているのであれば、あえて反対するつもりはありません。
しかし長期にわたり使用していても、特に効果は感じられなければ、購入をきっぱり止めて、その分の金銭的リソースを別のことに振り分けるのが賢明だと思います。
そして、企業から放たれる無数の宣伝にいたずらに振り回されないよう、メディアや広告に対するリテラシーを高めるよう留意すべきですね。