若はげ

若はげ改善!本当に効く育毛剤はコレ

MENU

若はげの心理五段階とは

薄毛は、ある目突然なるものではない。額の生え際や頭頂部から少しずつ髪のポリュームが減り、やがて分け目の地肌が妙に目立つようになり、そして頭皮が露わになる。これに合わせてか境も漸進的に変化してゆきます。
死が避けられない重病患者の心理的プロセスは、「否認」「怒り」「取引」「抑僻」「受容」の五段階に分けられるとした、精神科医エリザベス・キューブラー・ロスの「死への五段階」説になぞらえて、次のように「若はげの心理五段階」説を唱えている方もいらっしゃいるようです。

若はげの心理五段階〜その一「否認」

まず第一段階は「否認」といいます。
ほとんどの場合、自分がハゲかかっているという切ない事実は、ある程度脱毛が進行してから気づくものです。それは鏡や写真にうつる自身の頭を見たときか、親しい人に「きてますね〜」などと指摘されたときで、当人はその日のことは一生忘れません。
これを「メモリアルデイ」と呼ぶ人もいるようです。
最初は驚愕の念に襲われるが、すぐにこの感情は「いや、光の当たり具合で薄く見えるのではないか」「最近ストレスがたまっているから一時的なものさ」という否認にとってかわります。ふつう若い人ほど、否認の期間は長いのです。つまり若はげほど否認の期間は長くなるわけですね。
ハゲはあくまでも、中年期以降になるという先入観があるため。「自分はハゲてなんかいない。まさかこの自分かそうなるわけがない」という否認の感情は、長い人では数年続くといいます。

若はげの心理五段階〜その二「怒り」

第二段階は「怒り」である、といいます。
たいがいの人間は、ある種の選民思想を心の底に抱いているものです。毎日、数多くの人が交通事故や災害に遭い、いまわしい病気にかかり、財布を落とすといったドジを踏んでいることは自明なのに、「自分にかぎってそんなことはない」という、まったく不合理な気持ちが無意識のうちに巣くっているのです。
薄毛という災難に降りかかられると、否認の次に来るのが怒りの感情であり、「選民思想」の呪縛が大きい人ほど、この感情は大きいといいます。
しかし、怒りの対象は自らの身体の一部であるため、すぐに収束します。これが、他人や外部から来るものであったなら、怒りの感情は相当期間続くかもしれませんが、自分に怒ってばかりいられるものではありません。この感情は、おおむね自己嫌悪や喪失感がないまぜになった不快な気持ちに取ってかわられます。

若はげの心理五段階〜その三「取引」

第三段階は「取引」である、といいます。
否認したり、怒ったところでどうしようもないことを実感すると、人は取引によって活路を求めようとします。
「信仰に目覚めたので、もう一年余命を延ばして」というふうに、神や聖職者と取引しようとする米国のガン患者と異なり、薄毛の人の取引の対象は神ではなく、育毛剤メーカーや発毛サロンのようないわゆる髪の毛で商売をしている人たちです(まれに願かけ地蔵と取引をする人もいる)。
多くの人は、この段階で挫折感を味わうことになります。焦りから、どうしても即効性を得ようとするため、ちょっと試してみて効果が見えないと、次の商品やサービスに飛びついてしまいます。
幸せの青い鳥を求めて転職を繰り返すジョブホッパーならぬ発毛ホッパーである。効果が認められている薬剤やメソッドでも、それが発現するのは半年から数年単位のスパンなのだが、そこまで忍耐できる人はそういません。こうなってしまうー因に、表に出る確かな情報が少ないせいもあります。
どのメーカーや発毛サロンも、自社の製品やサービスの絶大な効果を高らかにうたっているが、その一方で何割の人が、どの位の期間で、どれはどの量の髪が復活するのか、という一番重要な情報がブラックボックス化していることが多いのです。
だから今、何が大切かと言えば「育毛・発毛をしている人の体験談」です。「実際、育毛剤を使っている人の使用感」なのです。
今はネットの時代。SNSやブログ、ホームページにはそういった若はげで悩む人の体験談や育毛剤の使用感を書いたページがたくさんあります。
その中で信用できる情報を養い、自分の髪に反映させていくことが非常に大事なのです。

若はげの心理五段階〜その四「抑鬱」

第四段階は「抑鬱」である、といいます。
「薄毛の進行は止められない」というやるせなさから、鬱な気分や無力感のとりこになってしまうのがこの段階です。目コミで評判が高い育毛剤を使ってみたが、芳しい成果が出なかったときに、この段階へ移行しやすいのです。
例えば、評論家の山田五郎氏は、一時期ブームになった中国製の毛生え薬「101」を試用したときのことを、コラムニストの神足裕司氏との対談で次のように語っています。
「しみて痛いのも我慢しながらつけたんです。そしたら生えてきた。生え際あたりに、ウブ毛みたいのがチョロチョロと。
それで「よし。生えてきた、生えてきた」なんてー人ほくそえんでたら、そのうち女房にも「ずいぶん黒くなってきたね」なんて言われて。
ところがそうやって喜んでいたのも束の間ですよ。ある人から「それってひょっとして地肌が黒いんじやないの」って言われて、よく見たらほんとに地肌が赤黒くなってきてるわけ。アレアレッと思っていたらそれから二、三日のうちにかゆくなってきて、見たらばーッとかぶれてるんですよね。
それまで満足に生えていた部分まで抜けちやうぐらいの勢いでかきむしりながら、人生の悲哀を知りました(笑)。愕然と膝をつくっていう感じですよね。」
「愕然と膝をつくっていう感じ」は、薄毛に悩める人たちの、この段階における最大公約数的な感情です。
薄毛と無縁の人は、大げさなと笑うかもしれません。
しかし、心のどこかで「いい大人がこんなことで悩むなんてバカバカしい」と思いながらも、どうしても辛い心情に圧倒されてしまうのが、ハゲの、特に若はげの悲しさなのです。

若はげの心理五段階〜その5「受容」

最後の第五段階は「受容」であるといいます。
いろいろあがいても、ふさぎこんでみても、いよいよ状況は好転しないことを痛感し、ハゲとどうにか付き合って残りの人生を過ごすしかないと情るのが、この段階です。
ここで多くの人は、「ハゲをさらす」か「カツラにする」かの決断を迫られると同時に、対人関係においてハゲの話題をふられた際にどのようなスタンスをとるべきか、その方針を決めることが要求されるわけです。
通常であれば何を言われても超然としているのが正解なのだが、残念なことに多くの人は弱気になって「自虐お笑い系」というスタンスを選んでしまいます。
例えば、ソフトバンクの孫正義社長は、製品発表会やインタビューのときに「薄いのは私の頭ではありません。この携帯のことです」「この年齢になったから諦めたけど、若いときはネットで育毛剤を買いたかった。(レジが)若くてカワイイ女性だとためらうから、ネットで買えたらいいなと思っていた」というふうに先制攻撃で笑いをとっています。これは最初に自虐的な前フリを提供することで、「今の自分はハゲのことで気に病んでいない」「ハゲの話題がきても大丈夫」「でも、頭髪の話題でいじめないでね」という隠れたメッセージを放っているのです。

若はげの心理五段階〜まとめ

なんにせよ、これまではハゲ男のたどる道は紆余曲折があるように見えて実は一本道なのです。最終的に薄毛を受容する以外の選択肢はなかったと言ってよいでしょう。それはどう見ても、幸福とはかけ離れたものです。だが、当サイトの発毛法やおすすめの育毛剤によう育毛を実践することで、あなたは若ハゲを克服し、幸福をつかむことができるのです。
さしあたり必要なのは、「ハゲてたまるか」という闘志だけです。