若はげ

若はげ改善!本当に効く育毛剤はコレ

MENU

過剰な心理的ストレスはやっぱりハゲる

適度の心理的ストレスは、健康や人間性の強化および仕事のパフォーマンス向上に望ましいものだが、闇値を超えると心はもちろん身体と髪のコンディションに多大な悪影響をもたらします。
上司との人間関係などに悩んで眠れない夜を過ごしたときに、枕元にぞっとするほどの本数の抜け毛を発見した経験は誰にでもあるでしょう。
人間はストレスを受けた際に、グルココルチノイドという、ストレス対処に必要なホルモンを体内で分泌します。
もしも持続的なストレスにさらされると、生体はグルココルチノイド産生にかかりきりとなり、成長ホルモンのような髪の育成にかかわるホルモンの分泌が減少してしまいます。結果として、薄毛が促進される、と。
また、ストレスが昂じると無意識のうちに髪を抜いたり(抜毛癖)、しきりに手ぐしをすいたり頭をかくようになりがちで、これによっても髪と頭皮はダメージを受けます。
今の日本人にとって、戦争や飢饉などによるストレスはほとんど無くなりましたが、かわって職場で受けるストレスは、世相もあいまって相当なものがあるのです。

ふだんの食事内容に問題がないかを検討する

薄毛の原因にはほかに、頭皮の皮脂過剰説、頭皮の血行不良説、亜鉛などのミネラル欠乏説など、諸説紛々の様相を呈しています。専門家によって、これらについてー顧だにしない人もいれば、重要視する人もいます。
私は、皮脂過剰や血行不良の影響力はゼロではないものの相対的に小さく、むしろ皮脂の取りすぎや血のめぐりを良くするためにブラシで頭をたたくといった行為のほうが逆効果であると考えています。
個人的には、皮脂を取ったり、頭部の血行をよくするため特別に何かをしたことはありません。いずれにしても、このサイトをご覧いただければ、結果的に皮脂も血行も望ましい範囲に落ち着くので、あまり神経質になる必要はないでしょう。
それから、亜鉛のような微量元素が欠乏すれば、確かに髪の成長に甚大な被害をもたらしますが、普通の食生活をしていれば十分摂取できているものです。サプリメントの袋に手を伸ばす前に、ふだんの食事内容に問題がないかを、まず検討してみましょう。

髪の毛が薄くなることによる3つのデメリット

現代医学の知識の範囲内では、薄毛による身体機能への直接的な影響は小さい。ですが、まったく無いというわけでもありません。髪の毛が薄くなることによって、以下、3つのデメリットが生じることが知られています。
(1)太陽から降り注ぐ紫外線や赤外線の頭皮への直射により、炎症、日光角化症、熱中症といったトラブルが起こりやすくなる。
(2)特殊な機器を使って毛髪の成分を分析すると、有害な重金属(水銀やヒ素など)が含まれていることがわかる。これは、体内の有害重金属の一部を外に排泄する機能が、毛髪に備わっているためである。薄毛になると、この排泄機能が衰えてしまう。
(3)髪が薄くなると、寒さから頭部を守る働きが損なわれる。オフィスやエレベーターの天井から吹き付けるクーラーの冷風が、耐えがたいほど冷たいことからわかるように、頭(と脳)は寒さに弱い。薄毛の人が帽子をかぶるようになるのは、隠すためもあるが、実は保温が主目的である。

「若はげが問題である」最大の理由

しかし、なんといっても「若はげ」の問題で一番深刻なのは、外観が見劣りしてしまうことです。
特に「若はげ」の場合は若い=人生経験も少ないがゆえ、そのダメージは通常の薄毛より甚大なわけです。
ほとんどの人は本能的に、薄毛を「醜い」とまではいかないまでも、フサフサの髪に比べて美観が落ちると認知します。
マンガやテレビドラマの世界では、中途半端にハゲを隠した、いわゆる「バーコードハゲ」のキャラクターはたいてい、人はよくても気が弱い無能な窓際社員、もしくは「あぶらギッシュなエロおやじ」という設定です。
仕事ができて、人望もあついエリートビジネスマンがバーコードハゲ、という筋書きは皆無といってよいですね。
薄毛は、「みっともない」「気が小さそう」「仕事ができなさそう」「スケベ」などといった好ましくないイメージに記号化されていると言っても決して過言ではありません。
いや、それでも中年であればまだ諦めもつきかもしれません。
そこへ来て年齢が若いとくれば、「かわいそう」という事になるのです。つまり、若さがもたらす屈辱、それが若はげなのです。