若はげ

若はげ改善!本当に効く育毛剤はコレ

MENU

若はげを克服してポジティブになりたい

中年になってから髪が薄くなるのは、まぁ仕方ないかなって思うし、周りの人たちもそれなりに受け入れてくれるものです。
でも、若はげってホントつらいんです・・・。
確かに一見、周りの人たちの対応はフサフサな人たちと同じ扱いをされているような感じも受けますが、きっと内心はそうではありません。
やっぱり「内心、気を遣っている」のかな・・・うーん、ヘリクダッテ言うなら、気を遣わせているんだろうなって思ってます。
しかしいずれにしても、「若はげ」というのは対人関係のみならず、何をするにしても、つい消極的になってしまうんですよね。これがお笑い芸人とかだったら若ハゲも武器になるんでしょうけど、僕は到底そんな強いハートは持ってません。
そこで何とか若はげを改善して、積極的になりたいと思い、色んな育毛剤などを試しているわけです。
中でも特に「個人的に効果があった」と感じられた、若年性脱毛症を重視して育毛剤を紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

 

チャップアップ(CHAPUP)

チャップアップをおすすめする最大の理由は「30日で満足できなければ全額返金保証」だからです。正直、育毛剤って使い方や相性次第で人によって”効く”、”効かない”があると思うんです。だから実際試させてもらうのが一番です。しかもたった30日で効果の判断ができるんです。何ヶ月も待ってられないですから。他の商品も全額返金保証はあるんですが、30日間で判断できるのはここだけです。通常5,800円のCHAP UPサプリが定期購入で無料でついてきます。

商品価格 送料 特徴
通常購入 7,200円 / 定期購入 9,090円(サプリセット) 660円(定期無料) 日本臨床医学発毛協会 松山淳会長推薦

>>チャップアップの詳細はこちら

 

ルプルプ「ハイブリッド育毛」

資生堂と徳島大学の共同研究で、薄毛の根本原因は「FGF-7」という発毛促進因子が不足していることが分かりました。そこでタカラバイオの研究の結果、北海道・函館近海にのみ生息するガゴメ昆布「フコイダン」「ビワ葉エキス」に育毛成分が多く含まれることが判明しました。そんなFGF-7を450%UPさせる育毛効果で開発したのがルプルプ「ハイブリッド育毛」なんですね。30日間全額返金保証キャンペーン実施中です。

商品価格 送料 特徴
通常購入 5,900円 / 定期購入 5,605円 無料 頭皮マッサージャープレゼント中

>>ハイブリッド育毛の詳細はこちら

 

リゾゲイン

リゾゲインは薄毛の進行を止める「頭皮ケア」、髪を生やす「育毛ケア」のW育毛ケアで、全く新しい育毛を促進してくれます。育毛剤といえば、1万円以上のものが多く最近では安い商品もでていますが、リゾゲインは5,880円、他のどの育毛剤よりも低価格を実現しています。定期コースだとずっと40%OFF、毎回3,920円お得。1ヶ月お試しなら20%OFFで9,800円→7,840円。60日間の全額返金保証もついています。

商品価格 送料 特徴
通常購入 9,800円 / 定期購入 5,880円 全て無料 育毛が期待できる育毛キット 第1位

>>リゾゲインの詳細はこちら

 

薬用プランテル

薬用プランテルは「M字型専用」育毛剤です。まさに僕のM字若はげにうってつけの育毛剤でした。なぜなら若はげの原因は溢れんばかりの男性ホルモンです。
この男性ホルモン過多が原因でM字を引き起こすわけですからね。
薬用プランテルは、育毛成分に加えて「ヒオウギエキス」というのが豊富に使用されているらしいんですが、これにはは男性ホルモンを元から排除する役割があるんです。
まとめると、つまりM字ハゲの原因を文字通り元から排除する、というわけです。こちらも全額返金保証がついていますのでお気軽にお試しを。

商品価格 送料 特徴
通常購入 7,800円 / 定期購入 6,980円 定期無料 効果の期待できるM字用育毛剤 第1位

>>薬用プランテルの詳細はこちら

若はげの原因

そもそも男性の頭に、なぜ薄毛をもたらすのか?については、すべてが明らかにされたわけではありません。そのため、何かにつけ、「ハゲは遺伝。よって完治はムリ」という言説がしばしば持ち出されてきました。
実際のところ、薄毛のメカニズムのいくつかは、一般の人が思っているよりは解明が進んでおり、色んな要因が重なって髪が薄くなってくることが分かっています。
精巣や副腎から分泌されるアンドロゲン(男性ホルモン)は、男性の第二次性徴を促進し、ヒゲや声変わりといった、いわゆる男らしさを発現させる作用があります。
アンドロゲンの一種にテストステロンというホルモンがあるが、これが過剰に分泌されると、一部はジヒドロテストステロン(DHT)に変換されます。DHTは通称「悪玉男性ホルモン」と呼ばれ、前立腺肥大症など人体に望ましくない作用をもたらすほかに、頭髪の育成をつかさどる毛乳頭細胞の中に入り込み、発毛を抑制するように働きかけるのです。言いかえると毛髪が細くなり、かつ髪の生え変わり周期(ヘアサイクル)が短くなって、結果的に薄毛になる。
つまり成長ホルモンの分泌が盛んな時期、イコール男性ホルモンが盛んに分泌される思春期から20代にかけ薄毛になるのはごく当たり前の事なのです。
ただ、人によって男性ホルモンの分泌量や体質遺伝などに個人差があるため、若ハゲになる人とならない人に分かれるのです。

間違いだらけのヘアケアが薄毛を加速させる

ではさらに若はげの要因となる理由を見ていきましょう。
女性に比べ、男性は洗髪や洗髪後のヘアケアについてかなり無頓着なものです。
「外見の気の使い過ぎは男らしくない」という気持ちがどこかにあるからかもしれませんが、実は洗髪ひとつとっても、使用するシャンプー、洗髪時の姿勢、すすぐ時間など、考慮すべき要素は多いのです。
また、「テレビCMを盛んにやっている値段の高い薬用シャンプーほど発毛に効く」「毛穴にたまる皮脂は徹底的に除去しないとハゲる」などといった、メーカーの宣伝文句やインターネットで流布する都市伝説に踊らされて、間違った選択をする人も少なくありません。このような誤ったヘアケアは、薄毛体質を加速させるので注意が必要である。
よく例に挙げられるのがいわゆる「朝シャン」ですね。一見清潔なイメージがあるのですが、実はシャンプーをしすぎれば皮脂はますます活性化して髪の毛は脂っぽくなってしまうのです。
正しい知識を身につけて正しいヘアケアを行うことが若はげ対策への重要な一歩なのです。

身体の不健康と日常的な不摂生が薄毛を招く

中医学(漢方)の概念では、髪の毛は「血余(けつよ)」とよばれています。これは、体内をくまなくめぐり、細胞に栄養を与えている血液の余り分か、髪の成長に使われるという意味からきているんですね。
だから、身体のどこかに不調があって、それをリカバーするために血が使われてしまうと、生命活動の維持にそれほど重要ではない「髪の生産」が後回しになり、結果として薄毛になるのです。
例えば、慢性的な胃腸虚弱が薄毛をもたらすこともあります。
胃腸機能がおとろえると食べたものの消化吸収が悪くなります。その結果、漢方でいう血の量が体内で不足するようになる。そうすると血余たる頭髪は弱くなり、抜けやすくなってゆきます。
この場合は、党参(とうじん)、白朮(びゃくじゅつ)、茯苓(ぶくりょう)など、消化機能を高める漢方生薬を煎じて飲み、玄米や根葉、海藻類など大自然のエネルギーが凝縮されたものをたくさん食べるようにすると効果的といいます。
実際、漢方に明るい医師が薄毛に悩む人に対しアドバイスをしたのですが、これを始めてからニヶ月後にはうぶ毛が生えてきたのです。気がつけば下痢もしなくなっており、食欲も増えてきました。その後に徐々に髪の毛が増え、当然のことながら、全身の体調もすっかりよくなったといいます。

身体のトラブルが「薄毛」という形で具現化する

胃腸虚弱にかぎらず、ほかの内臓の問題や血行不良など、さまざまな身体のトラブルが「薄毛」という形で具現化します。現代の日本では、特定の疾患をかかえていなくても、「どことなく身体の調子がよくない」などと不定愁訴を自覚する人の割合が非常に多いものです。
暖衣飽食、運動不足、夜更かしなど、自身の健康の維持増進に消極的で、「もし何かあったら病院に行けばいい」というスタンスや、予防医学の未発達が、このような「未病」患者の増加に一役買っているんですね。
これでは血余たる髪の減少も避けられません。そのため、現代の薄毛対策の多くが、「健康増進=血余増加」のコンセプトに焦点をあてたものになっています